読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

全楽師の気風のいい紺屋高尾

今日も両国寄席です。

栄豊満が桃太郎。愛坊が狸札。

鯛好さんは粗忽長屋。荒いけれどくだけたカジュアルな雰囲気です。

文左衛門師は寄合酒。乾物屋の酒肴が美味そうに感じられる語りです。

正雀師は甲府い。働き者の善吉への旦那の心情を丁寧に描いています。

喜八楽師は兵庫船。五目の講釈を丁寧にわかりやすく語ってくれます。

萬橘師は熊の皮。このユルいボケ味の空気が何とも心地よくなります。

美由紀さん。踊りは素敵な風流深川唄です。

全楽師は紺屋高尾。親方の江戸っ子の気風がよく、しっかり笑いもとっていく好演です。