ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

扇蔵師の端正な写実の文違い

研精会は扇蔵師の卒業公演です。

小はぜが子ほめ。いい出来です。

ベテランのこみちさんはがまの油。きっちり口上を仕上げてキレイにまとめました。

昇々さんは天災。いつもより真面目ですが、このくらいがちょうどいいと思います。

小辰さんは甲府い。試しているのか、入船亭らしからぬメリハリを効かせています。

市童さんはやぶ医者。落ち着きが戻り、おおらかにさわやかに権助を演じています。

扇蔵師は文違い。新宿の空気感を含めて、入船亭ならではのたおやかな写実の話芸を堪能しました。