読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

ぜん馬師 胸を打つ柳田格之進

立川流日暮里寄席は大入りです。

只四楼が子ほめ。

らく兵さんは親子酒。スベるのを怖れず工夫しては試していて前向きです。

志のぽんさんは愚者論に怖じず。ひょろっとした味でちょろっとイレます。

談慶師はぞろぞろ。筋力で余裕が生まれて、わかりやすい神様が素敵です。

談修師は錦の袈裟。究めて正しい高座はぜん馬師の方向を向いてきました。

志獅丸さんは高砂や。ずっしりとしたガタイで器用に演じていて愉快です。

談之助師は個性的な立川流一門を綴った超能力物語。本人が最も異色です。

ぜん馬師は絶品の柳田格之進。武士の心情を克明に描いて絶え間なく胸を打ちます。