読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

小談志師の素敵な時次郎 明烏

立川流夜席です。

只四楼が子ほめ。

志の太郎さんはそば清。明るくてクセのないど~もも運びも丁寧で、志の輔一門の好感度アップです。

志のぽんさんは粗忽長屋。あれこれ入れて試みていて、芸風の軸を探っている感じが伝わってきます。

談修師は芋俵。さすが真打のコシのある語りで、本寸法でしっかり笑える路線を敷いてくれています。

左平次師は権兵衛狸。田舎言葉ののどかな雰囲気がグッとノッています。じつはかなりの仕上げです。

小談志師は明烏。幸い初々しい時次郎になってよかった。客席でずっと感想を喋ってる(浅草みたいな)お年寄りがいたけれど。

若手の真打が、がんばっています!