ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

ダンディ鳳楽師 艶のある短命

しのばず寄席は特別興行で鳳楽・貞心二人会です。

鳳月が桃太郎。

鳳楽師の一席目は長屋の花見。貧乏なんだけど悲壮感はなくて、どことなく風情があります。

貞心先生の一席目は赤穂義士本伝より大石妻子別れ。それぞれの心理を巧みに描き出します。

お仲入りでお楽しみ抽選会。

貞心先生の二席目は真柄のお秀。表情も仕草もおもしろく滑稽でかわいい師匠がナイスです。

鳳楽師のトリは短命。ちょいワル風の粋な艶があって、ずっとクスクスいい感じに笑えます。