ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

兼好師 見事にかたる高田馬場

両国寄席です。楽しいのつるから入りました。

鳳笑さんは猫と金魚。技巧に走らない実直な人柄が誰にでも伝わります。

萬窓師はぞろぞろ。老夫婦の会話と表情の醸すほのぼのとした風情です。

全楽師はつぼ算。キレがあってコシのある芸風と力量を感じる一席です。

竜楽師は火事手伝いの箱入り。自作なんでしょうか、はじめて観ました。

好太郎師はまんじゅう怖い。若い衆を集める兄いの厚みを描いています。

好太郎師、全楽師、鳳笑さんの吉例豆まきで、川崎大師の豆をゲットしました。

栄楽師は町内の若い衆。怪しげな雰囲気が漂うのは、演者の個性ですね。

奇術は花島久美さん。

兼好師は高田の馬場(仇討ち屋)。見事なガマの油の口上から、客席を巻き込む仇討の芝居っぷりが際立っていました。