ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

遊雀師 巧みに描きつくす明烏

新春特別ほくとぴあ亭です。遊雀師&芸協ほぼ同期です。

遊かりが牛ほめ。今夏に晴れて寿昇進とのことです。おめでとう!

松之丞さんは芝居の喧嘩。講談初見の客席ではジワが立つ威勢です。

戸越の宮治さんは強情灸。力より呼吸で沸かせるように進化中です。

西ヶ原の小痴楽さんは猫の災難。愛される間をつかんできています。

東十条の鯉八さんはやぶのなか。まさに新境地を切り拓く奇才です。

太神楽は味千代さん。新年寿ぐ素敵な舞台です。

赤羽の遊雀師は明烏。この噺の魅力を巧みに描き尽くしてくれます。