読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

切磋琢磨して開花して 成金!

2015年を締めくくる大成金は大入りです。ゲストは協会の実力者を揃えています。

【第1部】昇々さん 父に贈るDearパパ

竹もんがテレビ式の前説。

雷太さんは時そば。サラ口なので力まずしっかりした仕草とコシのある語りです。

宮治さんは化粧品の無料プレゼント。青森のおばあさんに思わずホロッとします。

三三師は橋場の雪。夢の中なのに想像を超える橋場の光景がまさに見どころです。

柳若さんは粗忽の釘。ここは成金らしくダイナミックなボケをかましてくれます。

昇々さんはDearパパ。奥さんとよりをもどしてほしいネとパパも言っていました。

【第2部】小痴楽さん 華も艶もある明烏

竹もんが演芸会式の前説。

小笑さんはまんじゅう怖い。なんとなく張り切ってどことなく頼りない感じです。

モテたい羽光さんはあるある帝国。センスがよくて思わずうなづいてしまいます。

一之輔師は笠碁。二人の表情が枯れておらず活きているのがたまらない魅力です。

鯉八さんはぷかぷか。なにかいいことないかな♪に癒される計算ができています。

小痴楽さんは明烏。若々しい芸風に華ものって艶ものって着実に精進しています。

【第3部】松之丞さん 充実した中村仲蔵

音助がわきまえた前説。来春、寿昇進おめでとう!

A太郎さんは面会。文七の入りは、シリアスっぽくナンセンスな噺のマクラです。

昇也さんは廿四孝。つっこみキャラを活かしてとにかく明るく笑わせてくれます。

喬太郎師は按摩の炬燵。番頭さんや米市の心の温かさまで確かに伝わってきます。

松之丞さんは中村仲蔵。語りに構成力がのった今年の充実ぶりを示して圧巻です。

切磋琢磨して開花していく成金の面々に乾杯!