読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

円橘師の絶品の味わいの庖丁

両国寄席の千秋楽は大入りです。

鳳月が子ほめ。

とむさんは地蔵狸。独自の工夫の狸の恩返し(すぎ)です。

めぐろさんは進路相談。あやしゲイな芸風が活きています。

全楽師は尻餅。江戸の風の吹くキレッキレ上等の語りです。

萬橘師は宗論。ふわっと抜くおとぼけ風味がたまりません。

竜楽師は厩火事。男と女の機微をくっきり描いてくれます。

王楽師はパパズレてるぅ。観るたびに磨きがかかってます。

奇術は荒木巴さん。

円橘師は庖丁。音曲風呂から小唄、新内の女房まで、これぞ絶品の味わいです。