ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

兼好師 熊が愛おしい猫の災難

今日は両国寄席です。お膝おくりの入りです。

鳳月が豆屋。

左吉さんは子ほめ。二枚目がこういう軽い噺を演るとかっこよくキマるわけです。

橘也さんは代脈。銀南のかわいさとひょうきんさのバランスがちょうどよいです。

奇術の西ゆかりさん。じわっとしみてきます。

志遊師はしの字嫌い。権助とご隠居の駆け引きの妙を存分に引き出してくれます。

道楽師は提灯屋。無筆と判じ物の兼ね合いが味わえるおもしろい噺を楽しめます。

全楽師は肥がめ。キレッキレの心地よい江戸の風の語りに磨きがかかっています。

ダミーさん。手品のおみやげをありがとう。

兼好師は猫の災難。最高に愛おしい熊公にするために細かい仕草が絶妙に練られています。