ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

寿輔師の怪演だ 魅惑の親子酒

国立演芸場の夜の部です。

昇市が桃太郎。

鯉斗さんは荒茶。安定感抜群の十八番です。

チャーリーカンパニーさん。

今輔師は札1グランプリ。それぞれのキャラづくりの苦労がしのばれます。

小泉ポロンさん。ふとももが素敵です。

伸治師はお見立て。力の抜けた語りと仕草に心地よくリラックスできます。

紫師は柳沢昇進緑より桂昌院と采女のお歌合せ。奴さんもいただきました。

右左喜師は竹の水仙。宿の主の生き様が愛らしくって共感してしまいます。

鏡味健二郎さん。いつまでも寄席に出続けてほしいです。

寿輔師は親子酒。衣装やまくらでしっかり油断させて、よだれが出るような魅惑の酔いっぷりです。