ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

左龍師の三拍子そろった妾馬

池袋演芸場の千秋楽です。

ゆう京が子ほめ。

小んぶさんは家見舞。

小伝次師は地見屋。珍しい大家の疑惑版で、設定自体難しい噺なので期待しています。

百栄師は奇妙な生徒の作文。千草忠夫風の作文はスレスレでいい感じの変態ぶりです。

ホンキートンクさん。

白酒師は新版三十石。小沼猫蔵の破天荒な訛りっぷりで笑わせる話芸が光っています。

川柳師はガーコン。唖然とする初見の客へのボヤキまで笑える、ありがたい高座です。

喬之助師は締め込み。女房にしっかり艶があって待望のウンデバが難なくキマリます。

喜多八師は愛宕山。虚弱でニヒルな一八の奮闘ぶりがしみじみカッコいいと思います。

ストレート松浦さん。

左龍師は妾馬。確かな語り・仕草に加えてインパクトある表情と三拍子揃っています。