読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

文菊師の見事な役作り 四段目

今日は四の日寄席です。

馬石師は鰻屋。部分を工夫して、全体を整えてくれます。仕草が具合よく溶け込んでいます。

やまと師はお花半七。細部まで気を配って噺の可能性をさぐるように丁寧に演じてくれます。

駒次さんはビール売りの女。優勝を祝って神宮球場の雰囲気を思う存分運んでくれます。

左橋師は長短。この噺は半分とられる饅頭が大事なんでして、長さんとてもおいしそうです。

文菊師は四段目。厳しくて優しい旦那、こまっしゃくれて愉快な定吉、お見事な芝居ぶりなんで、中手が沢山です。