ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

けい木さんがいい感じ 磯の鮑

今日は日替り寄席だったので神田連雀亭です。

歌扇さんは紙入れ。新吉、お内儀、旦那、それぞれを小さくまとめず、フトコロを広く仕立てます。

ろべえさんは鰻の幇間。酒や胡瓜や鰻がじつは不味いのだと踏ませていく、独自の仕草の怪演です。

歌太郎さんはやかん。大柄でも内面は繊細なのに芸風はおおらかです。なかなか腰のある講釈です。

けい木さんは磯の鮑。ハンパに二枚目なんでまだ芸風が定まらないけど、一門らしい理屈抜きに突進する与太郎がよくって客席は爆笑です。