読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

南なん師 満ちていく水屋の富

しのばず寄席の第2部です。

伸力がふわっとたらちね。

笑二さんは蜘蛛駕籠。一人じゃんけんと、琉球唄と、目玉ぺろぺろに、いいね!

漫才は左利きさん。

神楽師はお菊の皿。反応が遅めの客席に、ところどころおもしろくなってます。

微妙に好男子の貞橘師は伊賀の水月より荒木又右衛門。金玉までキレイでした。

太神楽は小助小時さん。

南なん師は水屋の富。喜びもつかの間、水屋の哀愁とつかの間の安らぎが満ちていきます。