読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

桃太郎師の青春と浮世床の本

しのばず寄席の第1部です。

喜太郎が子ほめ。

風子さんは雑俳。重い客席に合わせたまくらから、場を楽しく仕上げてくれます。

鳳志師は悋気の独楽。柔らかく和ませる行く先々の腕ですが、これは正統派です。

手品はダーク史郎さん。

仲入りの歌助師は井戸の茶碗。お侍はもちろん、清兵衛さんまで精力がみなぎっています。

琴星師は安兵衞の道場破り。お侍の力強さではなく、剣士を描く壮快な後味です。

青空麒麟児さんの紙切りは初見です。立ち姿で二つ折り対称で審判なんですね。

桃太郎師はまったりと麦畑~青春の恋のぼやきまくらです。そして独自の本の浮世床です。