ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

キリッと可女次さんが井戸茶

二ツ目勉強会です。

遊松が逞しく寄合酒。

遊里さんは反対俥。気合い十分です。懸命に地力をつけようとがんばっています。

双葉さんはたがや。まくらはともかく、噺はきっちり抜けも淀みもない熱演です。

鏡味よし乃さんは4月デビューとのことです。まだ初々しく、ハラハラします。

助六師は先代譲りの相撲場風景。ネクタイとか、小便とか、ラフな味が魅力です。

宮治さんはあくび指南。師範の模範演技をダンディに、上手く対照させています。

マグナム小林さん。

可女次さんは井戸の茶碗。二人の侍と清兵衛さんをキリッと誠実に描写した好演でした。誇張を控える演者の目指すかたちを垣間見た思いがします。