読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

圧巻のガーコンだ!小せん師

池袋中席は千秋楽です。まず昼の部は立ち見の大入りです。

圭花がまんじゅう怖い。

八ゑ馬さんは得意の代書屋。もちろん大ウケの客席で好発進です。

小猫さん。

花どん改メ吉緑さんはだくだく。緊張気味にしっかり務めました。

円十郎師は猫と金魚。メタボの豊穣感=底ヌケのおもしろさです。

ロケット団さん。

三平師は味噌豆。愉快な一門のまくらから、一門に伝わる噺です。

萬窓師はたがや。両国橋の上に涼風が渡っているような風情の語りがたまりません。

のだゆきさん。

才賀師は昨年の公募準優秀賞作品とのカラオケ刑務所。柳昇師へのオマージュです。

木久蔵師は生簀の魚たち? キャラクターに似合ってます。母恋くらげにつきます。

文左衛門師は馬のす。枝豆食いから、釣り仕度の仕草から、人物の視線の運びまで絶品です。

ストレート松浦さん。

小せん師はなんと!ガーコン。しかも完全版です。❛あのガーコンが継承されている❜と胸が熱くなります。それにしても歌が上手い。