ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

ぜん馬師の王道の豊志賀の死

今日は久しぶりに地元の荒川落語会です。

幸之進さんは桃太郎。寄席に通うのも慣れたとのこと、元気そうでよかったです。

楽松師は珍しいつづら泥。ナマは初めて出会いましたが、なかなか面白い噺です。

鳳笑さんは猫と金魚。登場人物が少しずつおかしい感じは持ち味に合っています。

志遊師は天狗裁き。おおらかでゆったりとして、気持ちよく味わえる運びです。

ぜん馬師はお盆でもあり豊志賀の死。怖がらせようと力まない(それでいて浮かぶ光景が怖い)王道の語りを堪能しました。