ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

小柳師の口跡のいいたがや

国立演芸場上席夜の部は勢揃いの披露目です。

今いちが新聞記事。

桃之助さんは犬の目。この噺で、嫌味なく自然にほのぼのとした感じが出せる演者です。

夢花師は反対俥。飛んで空から宇宙へ、そしてインベーダー芸が思いがけず上等でした。

京太ゆめ子さん。

小柳枝師は青菜。夏の風情が流れるように描かれていき、庶民の夏もまたいいものです。

小遊三師はおなじみの鰻の幇間。しっかり押さえている数か所を押す力がパワフルです。

披露口上。

夢丸師はてれすこ。数々の珍品を発掘をしてきた経験が活きて軽やかに仕上がりました。

小夢師は芸協の至宝・表札。父は知っていて来た、なんて今風の演出じゃない本物です。

うめ吉さん。

小柳師はたがや。口跡がいいと師匠が口上で言い続けたら、本当によくなっていました。