ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

キウイ師がんばった品川心中

今日は立川流日暮里寄席です。

らく葉が道具屋。

らく兵さんは三人旅よりびっこ馬。江戸っ子の威勢がよく元気です。

志のぽんさんは黄金の大黒。髪を切って飄々とした味が活きました。

雲水師は四段目。船場の大旦那の風情も、芝居振りも、お見事です。

生志師はお菊の皿。本格派の腕をCM依頼で軽くする憎い演出です。

お仲入り。いよいよ秘境です。

三四楼さんは大山えっちらおっちら。クイツキの役割を果たします。

談之助師は珍品の頓痴気。こりゃあ期待以上に面白い現代化でした。

キウイ師は品川心中! 師匠もがんばって、客席もがんばりました。