ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

馬治師のすっきリアルな笠碁

今日の黒門亭は、ほぼご通家のみ!のあったか厳しい素敵な客席でした。

緑助が狸札。

わさびさんは松曳き。殿と三太夫の個性を際立たせない“シンクロナイズド・ペア型”で、完成度が高いです。

志ん陽師は置泥。まろやかな味わいは師匠ゆずりで、ほのかに円熟味を増していました。

円十郎師はまんじゅう怖い。ミシミシって存在感に、嫁さんが怖いスパイスを効かせます。

馬治師は笠碁。精巧な仕草と語りがすっきり調和して、リアルに描かれた好演です。