ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

志ん吉さん巧く演じ分け明烏

今日は地元で町屋お笑い寄席です。この会、お客さんが増えてきました。

はな平さんはたらちね。女房にどことなく品があって、さわやかに仕上がっています。

八ゑ馬さんは青菜。上方らしい酢の柳影やおからの洗いにほのぼの感が溢れています。

昇々さんは先生と生徒。屈折したタカシくんが秀逸です。ペアになれて安心しました。

志ん吉さんは明烏。演じ分けの幅が広がってきて、登場人物がしっかり描かれています。