ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

夢多朗師の器の大きなねずみ

国立演芸場の夜の部です。

金の助が道具屋。

夏丸さんはおすわどん。珍にして妙なこの噺の持ち味をじっくり引き出して見事です。

米多朗師は幇間腹。ブレないストレートな語り口で、手堅く運んで危なげなしです。

京丸京平さん。ウケていると思います。

円丸師は鹿政談。多彩な登場人物を表情豊かに演じ分けて臨場感あふれる逸品です。

幸丸師は後藤新平。クスグリに嫌みがなくて、客席も清聴していて比較的快調です。

北見伸さん&スティファニー。カッコいいです。

柳橋師は粗忽長屋。荒唐無稽がほのぼのとした味わいでコーティングされています。

初音さん。立ち姿も堂々としたもの。

夢太朗師はねずみ。ふところの広い演者の、器の大きな甚五郎に何ともいえず安らぎます。