ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

歌若師のまっとうな浜野矩随

広小路亭定席です。

昇羊が初天神

真紅さんは名月若松城。初めての人にもわかりやすく講談の魅力を伝えています。

鯉斗さんは強情灸。今風の口調で繰り出す小噺が快調にウケて客席をつかみます。

健二郎さん。

笑好師は片棒。ぐっとわかりやすく凝縮して片棒のエッセンスを伝えてくれます。

遊之介師は道灌。くたっとして肌になじんだ浴衣のようにくつろいで楽しめます。

東京ボーイズさん。

円輔師は圧巻の蛇含草。仕草にも語りにも滋味がたっぷり染みた極上の一席です。

お仲入り。

鯉太師は工夫は十分にぜんざい公社。芸協の至宝なので不可侵でしょうが......立川流の師匠方の大胆な改作が観たい噺です。

D51さん。

伸治師はちりとてちんは流石。喰らう!要所を嫌味なくホンワカまとめています。

歌春師は紙入れ。色っぽくて胆の据わった女房が、師匠の持ち味を醸しています。

マグナム小林さん。

歌若師は浜野矩随。感情を抑えて理屈を抑えた演出はハラハラせずに伝わります。