ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

談修師の感じのいい錦の袈裟

今日は立川流夜席です。

らくみんが転失気。

志奄さんは家見舞。ロジカルに面白くするのが演者の個性になりそうです。

志獅丸さんは鰻屋に挑戦。十八番の青菜みたいに育っていくといいですね。

ぜん馬師はたがや。橋上の光景をしみじみ描いて江戸の風情を感じました。

雲水師は動物園。始めから終りまですみずみまで笑える工夫が光ってます。

談修師は錦の袈裟。多彩な人物を無理なくしっくりまとめています。与太郎のかみさんの自然な感じはなかなかのものです。