ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

一之輔師のフレッシュな笠碁

コレド落語会です。

さん光さんは狸札。のどかな雰囲気で堂々と演じます。

一之輔師の一席目は鈴ヶ森。真打になっても、ちゃんと爆笑派に磨きをかけていたようです。

小遊三師は千早振る。豪腕でパワフルに会場まるごとを一気に笑わせます。理屈抜きにです。

権太楼師は鰻の幇間。後半のキレた一八に初めて同情しました。懸命に生きている一八に。

一之輔師のトリは笠碁。柳派にはない、ちょぃとイラつかせる独自のスタイルが新鮮でした。