ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

兼好師の天災にたまらず爆笑

今日は人形町寄席です。前座を入れず、名だたる真打がみな高座を返してめくって下がるのです。

鯉橋師は牛ほめ。サラ口らしく誠実な語り口でしかもおもしろくって流石です。

疲れ知らずの文治師は源平盛衰記より木曽義仲。底抜けに明るくパワフルです。

文菊師はやかんなめ。持ち前の絶妙の間合いで調子よく笑いをとっていきます。

近ごろ本気の三木男さんは崇徳院。腰を据えて本格的に古典と向き合ってます。

生志師は悋気の独楽。ヒザのタッチの、立川流らしいアレンジが効いています。

兼好師は天災。独自のとぼけた爆笑スタイルを次々に繰り出してどこまでも愉快です。