ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

談慶師の煮込みの味の阿武松

今日は立川流夜席です。

志ら松が道潅。

志のぽんさんは初天神。飄々とした感じで運び....ポンとハジケてねだって楽しめます。

談吉さんは粗忽長屋。ところどころ家元だったり独自の工夫だったり鋭くキメています。

晴の輔師は茶の湯。明朗明快な笑いやすい語りと仕草が、昇進して結実してきましたね。

ヒザ上等のキウイ師は踊ります。あわやの音響トラブルを越え、夕暮れを踊り切ります。

談慶師は阿武松。山だしの常吉と板橋の旦那と錣山親方が張らず競らずにゆるく馴染んでいて、煮込みの持ち味が味わえました。