ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

馬るこさんはプルルッと船徳

ほくとぴあ亭です。

竹のこが穴子でからぬけ。

宮治さんはお菊の皿。怖がらせ脅かす型は......ともかく、もれなく笑わせてくれます。

粋歌さんは銀座なまはげ娘。女流の新作に、やっと時代が追いついてきました。二年半ぶりに出会っても、いまなおフレッシュです。

雷太さんは盃の殿様。フルに演じて殿様でキッチリ笑いをとるタフさに底力が見えます。

馬るこさんは客が夫婦の船徳。設定はもちろん、アノ表情と仕草でもたっぷり笑えます。