ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

馬治師 迫真のカッケー! 景清

神田連雀亭は真打昇進卒業おめでとう公演です。

遊里さんは平林。直前のワンコイン寄席に続いて元気に出演です。

彦丸さんはがまの油。芸道を追及する確かな口上です。

天歌さんはニートの求婚。デート~恋とはどんなものかしらにも、ちゃんとノッてます。

志ん八さんはポポさんの七人の小島。上等なメバルが鯛より美味しいのは確かです。

小太郎さんは疝気の虫。権太楼師似の虫が‘ゆるめてください’ってのがナイスです。

小辰さんは一目あがり。卒業にふさわしい縁起モノです。その運びも細部まで真っ当です。

好の助さんは蚊いくさ。三遊亭の響きがあります。そこに向き合う演者の覚悟を感じます。

馬治師は十八番の景清。いきなり入るのがカッケー! 迫真の演技がぐっと胸に迫ります。(文楽8に挑んでカッケー!)