ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

三木男さんの渋い三方一両損

福袋演芸場です。

かゑるさんは道潅。サラ口をしっかりキメました。もちろんたまげほうでもよかったはずです。

粋歌さんはおいてけ権助魚。見るたびに面白い工夫のあって楽しくなります。

歌扇さんははてなの茶碗。器を大きく構えて運んでいくスタイルはやはり上方ですか。

八ゑ馬さんは算段の平兵衛。上方独特のおかしさが満載の噺の魅力を存分に伝えています。

三木男さんは三方一両損。落ち着いた語り口に、久しぶりに血統がチラリと見えました。