ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

談修師のよく整った五貫裁き

立川流夜席です。

がじらがしの字嫌い。師匠ゆずりでしょうか....ちょっと珍しい形です。

こはるさんは桑名船。気合いのいい五目講釈に納得です。

寿昇進の錦魚さんはそば清。落ち着いた仕草と丁寧な語りで仕上げました。

龍志師は可愛げのある紙入れ。いつの間にか心地よい江戸の風が吹いています。

志遊師は町内の若い衆。嫌味がなくさらりとのどごしのいい仕立てです。

談修師は五貫裁き。多彩な人物を味よくバランスよく整え、気持ちよく魅せてくれました。