ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

正蔵師の熱い人情の蜆売り

国立上席は千秋楽です。

つる子が堀の内に挑戦。

まめ平さんは真田小僧

彦いち師は熱血!怪談部。後半の化け物使い風味がそそり、サゲへの期待感が高まります。

花島世津子さん。

しん平師は強情灸。一緒に行くはず....って下地のうえに積んでいく厚みがいい感じです。

小燕枝師は試し酒。権助の変わっていく様子が何ともいえず玄妙です。

ひびきわたるさん。煙管から鶴の恩返しまで‘いぶし銀’の輝きです。

馬桜師はたがや。細部まで織り込まれた一幅の書画を楽しむような味わい深い一席でした。

翁家勝丸さん。諧謔味を盛り込んで滑稽にヒザの役割を果たしてさすがです。

正蔵師は人情味あふれる蜆売り。花冷えの陽気を捉えた趣向です。長五郎が長吉を‘長吉さん’と呼ぶ声があったかくて沁みこんできます。