ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

朝也さんの踏みしめる愛宕山

神田連雀亭のきゃたぴら寄席です。

小太郎さんは近日息子。ぽんぽ~んといい感じで、❛そうとも言う❜でいっぱい笑えます。

橘也さんは死ぬなら今。ちょっと珍しい噺なので、客席をみてわかりやすく丁寧に演じてくれます。

見た目は若い鯉津さんは熊の皮。理屈抜きにグワッとおおらかに運んで笑わせてくれます。

朝也さんは愛宕山。小粋な唄からへたる一八、そしてかわらけから生還まで、確かめるように魅せる熱演でした。