ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

正蔵師の雛鍔は旦那がスゴい

今日は国立演芸場の定席夜の部です。

たま平が子ほめ。

はな平さんは幇間腹。ほんわか演じることで、さりげなくフォローしています。

彦いち師は睨み合い。緊急停止した京浜東北線の光景とキレる若者の名作です。

花島世津子さん。

しん平師は酔っ払い。やさしいお父さん?っぽい気持ちよい飲みっぷりです。

小燕枝師は小言幸兵衛。小言を楽しんでいる、じつに端麗な嫌みのない演り方です。

東京ガールズさん。

馬桜師は七段目。本物そっくりの芝居振りが次から次へと(力みなく)湧き出てきます。

翁家勝丸さん。

正蔵師は雛鍔。ここまで存在感のある‘お店の旦那’はそういません。後半に目から鱗の雛鍔でした。