ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

文菊師が巧みに描き出す笠碁

今日は湯島はなし亭です。

菊之丞師は神津友好作で‘のびる’。40年ほど前に贈られた小三治師が演じたくらいという、珍しい刀の噺です。

こみちさんは〇の〇。きりっとした女房の‘おみつ’が際立つ形がめっちゃキマっています。

文菊師は笠碁。幼なじみの隠居二人の感情の起伏を丁寧に巧みに描きました。お若いのになんとも老獪な師匠です。