ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

駿菊師の笑い満載の湯屋番

5年ぶり開催のアイとラクゴです。

志ん好師は長屋の花見。春らしいほのぼの感があふれています。

志ん丸師は黄金餅。力強くたっぷり熱演していただきました。

龍馬師は人形買い。昇進の頃のカタさがすっかりとれて、清く正しい金原亭のスタイルになりました。

白酒師は首ったけ。シンプルな設定に喜怒哀楽が盛り込まれる得意ネタに、終始笑いっぱなしです。

ここで、この5年の間に昇進した龍馬師と志ん好師の披露口上です。これが40回目というこの落語会の歩みも語られました。

馬石師は粗忽の釘。軽妙なタッチになるように、もたつく部分を丁寧に刈り込んで洗練されています。

駿菊師は湯屋番。熊さんへの若旦那の愚痴からいきなりおもしろい、笑いどころ満載の一席でした。