ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

たい平師の熱い井戸の茶碗

JAL名人会です。

駒松は狸札。

イケメン鯉斗さんは若々しく強情灸。どんどん背伸びしてほしいです。

菊志ん師は金明竹。シニカルな松公が印象的です。言い立ても独特でした。

愛楽師は子はかすがい。三遊亭らしい筋の通った運びに厚み(溜め)が加わってきて納得です。

ぴろきさんはだいたいブレイクしてます。

たい平師は気合十分に井戸の茶碗。正直な清兵衛を介して、二人の老若の武士が熱く心を通わせる、描写が見事でした。