ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

ぜん馬師の厚み 笹川の花会

今日は立川流夜席です。

談子が狸札。

昇進おめでとう寸志さんは宗論。明るく挑んでくれました。

錦魚さんは長屋の花見。張らないマイルドな語り口です。

談四楼師は権助魚。枯れていない悋気のおかみさんが見事です。

談修師は看板のピン。ヒザなのでいつもよりひょうきんな仕上げでした。

ぜん馬師のトリはなんと講談です。(天保水滸伝より)笹川の花会。忠治の存在感などゾクッとするほどでした。