ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

可女次さん工夫沢山の猿後家

今日はほくとぴあ亭です。

喜太郎が狸札。

橘也さんは粗忽長屋。笑うから楽しくなるんですね。なんと大家さんまで粗忽でした。

志の春さんは茶の湯。いつの間にか師匠譲りの笑いやすい語りの間になっていました。

駒次さんは自作のWe are イディオッツ!。駒次流のあるある噺で元気いっぱいです。

可女次さんは猿後家。つぎつぎに工夫を織り込んでいて楽しめます。自分で言うのはいいんだ…ってのに笑いました。