ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

司さんがしっとりと崇徳院

福袋演芸場は(四人なんですが)卒業公演です。 燕弥になる右太楼さんは四段目。蔵ん中の定吉の芝居が冴えています。 さん助になるさん弥さんは雪てん。こうした軽い噺を楽しませるのが持ち味です。 扇蔵になる遊一さんは夢の酒。堅目に入って徐々にお花の嫉妬でほどいていきます。 司さんはさすがの崇徳院。いいねぇ。艶のあるしっとりした語り口が上質です。