ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

市弥さんの上品で端正な妾馬

今日は二ツ目勉強会です。

わん丈が無精床。

花いちさんは猫と金魚。おとぼけキャラに細かい工夫がマッチしてなかなかウケました。

かゑるさんは月亭太遊作のたまげほう。江戸にも移せるし、演舞が核融合すると丸ごと大化けするであろう楽しみな噺です。

“台所”鬼〆さんは三方一両損。自分のきってる啖呵を味わっているような不思議な江戸っ子ぶりです。

喬の字さんは鮑のし。この天真爛漫な甚兵衛さんは意外に新しい演り口です。(じつは一人では生きていけないような甚兵衛さんの在り方のほうがまともなのかも)と匂わせたらさらにおもしろくなりそうです。

市弥さんは妾馬。発声もしぐさも上品で端正な八五郎です。