ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

わさびさんの表情豊かな明烏

黒門亭は光る二ツ目の会です。

歌実が初天神

遊一さんは親子酒。婆さんへお酒をお願いする大旦那に愛情や照れがこもって味があります。

彦丸さんは兵庫船。なぞかけや五目の講釈も丁寧に進めて関西の船旅の風情が感じられます。

市楽さんは四段目。芝居好きの演者らしく的確に表現し、定吉もかわいらしく仕上げています。

わさびさんは明烏。どの人物も表情豊かに演じていることがわかり、語り口以上に素敵でした。