ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

鯉昇師のおいしい二番煎じ

王子の至宝といえば鯉昇一門ですね。新春特別号のほくとぴあ亭です。

鯉〇が気丈にたらちね。鯉和が堂々とがまの油。

柳若さんはつぼ算。見たことのない変キャラの店主に大笑いです。

鯉斗さんは荒茶。これまで数限りなく観ました得意技です。

鯉橋師は犬の目。ニューイヤー版で、ひつじの目が入りました。

伝枝師はお花半七のなれ初め。やっぱり婆さんでなごみます。

味千代さんの太神楽、キレイです。

鯉昇師は二番煎じ。ハフハフっと(見回りのお侍まで)おいしい圧巻の一席でした。