ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

昇々さんのお見立てが炸裂

今日も神田連雀亭初席第2部です。志ん輔師のご挨拶をいただきました。

朝之助さんは幇間腹。この‘おおらかさ’が初席のサラ口の模範ですね。素晴らしいです。

志ん八さんは魚男。つれない旅行の噺です。

すずさんは桂昌院の父。

馬るこさんはめでたい寿限無のハングル版。いつか‘たらちね’のハングル版も期待しています。

遊里さんは道具屋。ズド~ンと青春まっただ中の直球勝負をいただきました。

夢吉さんは手紙は笑ふ。こうした発掘活動はいつか芸協を背負って立つ存在になりそうです。

馬るこ&志ん八は読心術。シメの催眠術は......ビミョーでした。

昇々さんはお見立て。喜瀬川のクールを強調していて、杢兵衛お大尽の炸裂が活きました。今度は喜助の一工夫が楽しみです。