ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

たこ平さん味わいある松山鏡

次の初笑いは神田連雀亭初席第2部です。

荒っぽい芸風をイケ面がカバーしてる鯉斗さんは新聞記事。コレは工夫沢山なんでOKです。

昇也さんは洒落番頭ってか庭蟹。危なげない人柄からアブナイ演目に挑んで暴れてください。

真紅さんは紅白歌合戦の由来。前座の頃よりふくよかになられましたか。

夏丸さんは風の神送り。冬の珍品に今年も出会えました。語り継いでくれています。

いつもフレッシュな扇さんは金明竹。この噺を演るのが楽しいのかどうか、まだよくわかりません。

好の助さんは屈折したマクラから手紙無筆。隠居さんを呼んでのサゲは独自の工夫ですか。大事に育ててください。

お楽しみの夏丸歌謡ショーは「夕子のお店」でした。

たこ平さんは松山鏡。田舎者の独特の演技が活きています。現時点で代表作のひとつです。