ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

談幸師ハツラツ二番煎じ

今日は日暮里特選落語会です。

笑笑が道具屋。入ってないのか演っているのかわからない(きっと両方の)不思議な調子です。

燕路師は君よモーツァルトを聴け。当代文枝の逸品ですが、さらに格調高くなっていました。

吉窓師はにらみ返し。貴重な‘見せる噺’に出会えました。さすがの迫力ある‘睨み顔’です。

小文治師は小間物屋政談。前半を味よく運んで、後半が嫌味になりません。上等な一席でした。

談幸師は二番煎じ。寒さに酒と鍋の旨さがグンとしみます。元気ハツラツで演じてくれました。