ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

里う馬師の厚みの禁酒番屋

今日はしのばず寄席です。

遊松が弥次郎。15分、力いっぱい演じている姿が好感を得ました。

談奈さんは十八番の紙入れ。いま真打に挑んでいて、堂々と実力を示しています。

伸治師は幇間腹。客席と波長が合っています。みんなころっころっと笑ってます。

あさひのぼるさんも好調だ。そうダ~。

里う馬師は禁酒番屋。武士の重さと町人の軽さがくっきり対照しているので、酔うほどに笑えます。