ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

生志師の確かな紺屋高尾

今日もJAL名人会です。

駒松が酒の粕から穴子でからぬけ。

右太楼さんは来春の昇進で燕弥になります。岸柳島はお侍の感じがほどよく上等でした。

結婚して落ち着いた米福師は猿後家。本寸法でくまなくもれなく笑わせるのが流石です。

竜楽師は徂徠豆腐。徂徠をしっかり格調高く、豆腐屋をくっきり江戸ッ子に描いてくれました。

流れ星さん。

生志師は紺屋高尾。時代考証の確かな芸の力によって、江戸の泣き笑いが鮮やかに浮かびました。